MENU

お稽古について

お稽古1ヶ月に4回のお稽古となります
お稽古日お問い合わせください
075-492-0112
お月謝10,000円(初心者料金)
※入門料として初回10,000円が別途必要です
Facebook準備中

小鼓(囃子)のお稽古も開催しています。
※木曜日・月3回のお稽古となります。
※小鼓(囃子)のお稽古につきましては、
 指導担当者が異なります。

※レッスン場にある予約表でご予約ください
※予約の変更は、何度でも可能です
※随時見学も受け付けています(無料)

プロフィール

若柳弥生Yayoi Wakayagi

昭和43年7月27日京都市生まれ。
母である故・若柳金彌に幼少期より指導を受け、昭和60年より、若柳弥生となる。

・若柳弥生日本舞踊教室「かなめ会」主催
・日本舞踊協会会員
・京都市芸術文化協会会員
・京都芸術センター主催・伝統芸能トレーニングプログラム『T.T.T.』講師。
・くろたに幼稚園で年間10回の日本舞踊指導。

芸歴

2歳より母である故・若柳金彌(平成21年没)に手ほどきを受ける。
昭和60年若柳弥生を許される。
平成2年藤間勘吾師に師事。
平成6年師範を許される。
平成7年花柳芳次郎舞踊塾に入塾。第6期生となり平成9年まで通う。
平成26年若柳流四世家元・若柳壽延師に師事し、現在に至る。

受賞歴

平成18年日本舞踊社主催「みそみ会」にて、奨励賞受賞(浅妻船)
平成19年日本舞踊社主催「みそみ会」にて、奨励賞受賞(娘道成寺)
平成18年東京新聞社主催「全国舞踊コンクール」にて、邦舞第1部 第3位受賞

お稽古場での心得

日本舞踊のお稽古は、心身一体の鍛錬です。美しい心が美しい身体を創ります。
踊りの技巧はもとより、礼儀も心がけましょう。

お稽古場に来たときは、玄関で上着を脱ぎ、履物をそろえて上ります。
まず、お稽古場のふすまを座って開け、先生や先に来ている人たちに挨拶をします。着替える人は挨拶をしてから着替えましょう。
着替えはすばやく済ませ、髪はまとめてください。時計、指輪、ネックレス、イヤリングなどの貴金属品はすべて外しましょう。
お稽古場での私語は慎みましょう。たとえ控え室でも、騒がないこと。
自分の順番が来たら、後の人に「お先です」と言い、舞台に上ります。正しい姿勢で座り、先生に「お稽古お願いします」と、丁寧にお辞儀をしてください。
お稽古中は、先生の全身が見える位置、即ち先生の下手(右側)三歩下がったところに立って習います。
お稽古には、お稽古扇子(2本)、手ぬぐい、を準備しておきましょう。
お稽古扇子はとても大事なものです。暑くても、稽古扇子で煽ぐことはいけません。大切に扱いましょう。
お稽古が終わったら、先生に「お稽古ありがとうございます」と座ってお辞儀をし、後の人に「お先でした」と一礼しましょう。
時間があればできる限り、お稽古を見学するようにしましょう。

Nihon buyo

日本舞踊の魅力
btn_link_20

Event

イベント情報
btn_link_20

Info

教室案内
btn_link_20

お問い合わせはお気軽に

<無料見学は随時承ります>

Copyright © 若柳弥生日本舞踊教室. All Rights Reserved.